リボンマフラーの作り方

難易度:★★☆(ふつう)

レシピの商用利用についてはこちら

リボンマフラーの作り方

シンプルなアウターに合わせたい、大きいリボンがアクセントのマフラーです。

リボンマフラーの作り方

裁ち方図(型紙・囲み製図)

リボンマフラーの作り方
  • ファー:縦65cm×横15cm
  • 表布(外布):縦50cm×横110cm
 

Step.1

パーツを裁断します。
ファーは伸びやすいので気を付けてください。

リボンマフラーの作り方

Step.2

ループを地の目の向きに半分に折り、端から1㎝で縫います。

1㎝で縫った縫い代をアイロンで割ります。

リボンマフラーの作り方
リボンマフラーの作り方

Step.3

ひっくり返してから、切り込みの位置で中心を揃え、アイロンで形を整えます。

リボンマフラーの作り方

Step.4

画像の赤いステッチの位置を、両端5㎜で飾りミシンをします。

リボンマフラーの作り方

Step.5

リボンの大小を画像の様に中表に半分に折り、画像の様に縫い代1㎝で縫います。

リボンマフラーの作り方

Step.6

裏返しした時に仕上がりがキレイになる様に、角を画像の様にカットします。

リボンマフラーの作り方
リボンマフラーの作り方

Step.7

こちらは裏返しした時に仕上がりがキレイになる様に、画像の位置に切り込みを縫い目ギリギリまで入れます。

リボンマフラーの作り方
リボンマフラーの作り方

Step.8

ひっくり返して角をキレイに出し、アイロンで整えます。

リボンマフラーの作り方

Step.9

リボンの大小両方とも、輪になっているところを端から5㎜で飾りミシンをします。

リボンマフラーの作り方

Step.10

リボンのパーツを2枚重ねて、端から5mmのところを仮止めステッチをします。

リボンマフラーの作り方

Step.11

外側布(表布)の短い辺の切り込みと、リボンの切り込みを重ねて、5㎜で仮ミシンをします。
下から表布→リボン小→リボン大の順番に重ねて下さい。

リボンマフラーの作り方

Step.12

リボンの部分を包むように内側に折り、外側(表布)も一緒にまち針で止めておきます。

リボンマフラーの作り方

Step.13

外側(表布)のリボンを付けた方とは逆側の短い辺に、ループを付けます。
端から1.5㎝あけ、画像の赤いステッチの位置を、両端5㎜で仮ミシンをします。

リボンマフラーの作り方

Step.14

中表にしたファーの上に外側(表布)を中表にして重ねて、まち針で止めます。

8㎝ほど返し口を残して、1周を1㎝で縫います。

リボンマフラーの作り方
リボンマフラーの作り方

Step.15

ファーは内側に入れるように指で内側に撫でながら、伸びないように縫い進めてください。ミシンで縫う時にファーを上にすると伸びやすいので、必ずファーは下にして下さい。

リボンマフラーの作り方

Step.16

四隅の角を画像の位置で切り落として、返し口からひっくり返します。

step12のまち針を外してから、返し口はコの字とじをしてください。

リボンマフラーの作り方

Step.17

ひっくり返した後ファーの毛が縫い目に入っているところは、目打ちなどで引き出します。

リボンが捲れないように、画像2枚目の赤い矢印の位置を少し手縫いで縫い止めて完成です。

リボンマフラーの作り方
リボンマフラーの作り方

作り方のポイント

張りの無い生地を使用する場合は、リボンの形がキレイに出るように、接着芯を貼って下さい。

暖かさを増やしたい時は、表の生地の裏に片面接着綿を貼ると暖かくなります。

ファーを縫うのに自信が無い時は、フリースを使うと簡単に出来ます。

このアイテムを作ったきっかけ

マフラーで寒い時期を楽しみたいと思い、今回は肌に触れるところはファーで暖かく、外側は柄とリボンが可愛いデザインにしました。リボンにタックを入れたり、フリルにしたり、アレンジをしても良いと思います。

この作品で使用した布

Camellia-乙女椿- - 布・生地の通販サイト:nunocoto fabric

デザイナーの青山さんが、毎年この季節になる度にずっと描いてみたいと思っていた、乙女椿。 華やかで楚々としたたたずまいを…

>無料型紙と布・生地の通販サイト「nunocoto fabric」

無料型紙と布・生地の通販サイト「nunocoto fabric」

2,000種以上の色柄をそろえる、オリジナルデザイナーズファブリックの通販サイトです。50cm880円~。すべて商用利用可能です。布販売だけでなく、手作りキットや、大人服・布小物の無料型紙も配布しています。

CTR IMG