刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方

難易度:★☆☆(かんたん)
刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方

刺繍道具を収納する際にお片付けしやすいよう、刺繍枠の中にピッタリ収まる大きさのピンクッションです。
今回は8センチの刺繍枠に合わせて作っています。

フックをつけて、ミシンにぶら下げたりする事もできるようにしました。
使うステッチは1種類なので、初心者の方にもおすすめですよ。

刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方

  • 布:刺繍枠がはまる大きさ×2枚(8センチ刺繍枠だと11cm×11cmを2枚)
  • 刺繍糸:適量
  • 綿:適量
  • ビーズ:2個
 

Step.1

布を刺繍枠にはめ、中心から図案を刺していきます。
中心部分はあとでビーズをつけて縫いとめるので空けておきます。

今回使うステッチはブランケットステッチを円形に刺す、サークルブランケットステッチのみです。
中心から刺したり、または中心を空けたりして刺す事で様々な模様を作り出す事ができます。
中心を空けて刺す場合は、内側の線と刺す方向のガイド線も描いておいた方が線の長さも揃いやすく刺しやすいです。

ペンは水で消えるタイプのチャコパーなどがおすすめです。

刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方
刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方

Step.2

実際にピンクッションを使う際、玉留めがあると針が刺しにくいので玉留めを作らずに刺し始めます。

今回は25番刺繍糸を1本取りで刺しています。

まずは図案から離れた所の表面から針を入れ、糸を15センチ程残して刺し始め(円の外側)に出します。
次に円の内側から外側にすくい刺しで針を出します。

刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方
刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方

Step.3

糸を針にかけてから針を引き出します。糸は浮かない程度に軽く引きます。

刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方
刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方

Step.4

続けて右隣の内側の線に針を刺します。

外側の線にすくい刺しで針を出し、糸をかけて引き抜き、これを繰り返していきます。
図案のガイド線を見ながら刺すとやりやすいです。

刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方

Step.5

刺し終わりの部分は、最初のステッチの外側に刺すようにすると繋がったように見えます。

刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方
刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方

Step.6

刺し始めに残しておいた糸を処理します。

残しておいた糸を裏側に引き出し、針に通します。
裏側にあるステッチに2〜3目分潜らせます。

刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方
刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方

Step.7

逆向きでまたステッチを潜らせます。
その際、違う糸にかけてから潜らせるようにします。
もう一度ステッチに潜らせます。

刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方
刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方

Step.8

残った糸を切ります。
これで玉留めをしなくても糸が解けてくることはありません。

刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方

Step.9

作ったステッチにくっつけて次の図案を描きます。
こちらは中心の1点から刺すようにしたものです。
大きさや中心の空き具合に変化をつけながら刺していきます。

刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方
刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方

Step.10

色を変えて刺したい場合、まだ糸が残っているのに糸処理をして切ってしまうのは手間がかかるので、離れた場所の表面に糸を出して休ませておきます。
糸を出す場所は、これから刺す図案の反対側に出すと糸を絡める心配がありません。

刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方

Step.11

新しい糸で始める場合は、裏の糸に何度か潜らせて刺し始めます。

刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方
刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方

Step.12

刺し終わったところです。
枠から外し、下書きの線が気になる部分は水をかけて消しておきます。
今回はこの刺繍枠に合わせてピンクッションを作るので、刺繍枠を利用して縫い線を引きます。
綿を詰めて膨らむので、内側の枠の外側に線を引くとちょうどいい大きさになります。

刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方
刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方

Step.13

縫い代を1センチ程つけて切ります。
もう一枚同じ大きさの布を切っておきます。

刺繍した面を内側にして縫い合わせていきます。
裏側にも刺繍枠で縫い線を引くと縫いやすいです。

刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方
刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方

Step.14

途中で紐を挟んで縫います。
写真の紐は25番刺繍糸を6本の束のままで2束ずつ使って三つ編みにしています。
6〜7センチ程編んでループにし、輪になった方を中に挟み込んで縫います。

刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方
刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方

Step.15

返し口分として4センチ程空けて縫い合わせをやめます。
表に返した時になだらかな円になるよう、縫い代に切り込みを入れます。
返し口の部分を縫い閉じる際、カーブは縫い線がわかりにくく直線になってしまったりするので、表布と裏布の縫い線をそれぞれ並縫いしておきます。(この糸は縫い合わせの糸をそのまま使って大丈夫です。)

刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方
刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方

Step.16

表に返し、綿を詰めていきます。
少しずつ、奥の方から円を整えながら詰めていくと凸凹になりにくいです。
指でやりにくい場合は、ピンセットや目打ちを使ってみてください。
返し口付近は縫い閉じにくくなるので無理に詰めず、縫い閉じる際に半分くらい縫ってからピンセットなどで詰めるとやりやすいです。
縫い線の並縫いの糸をガイドに縫い閉じていきます。

刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方
刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方

Step.17

普通に玉留めしたあと、すぐ脇の布と布の間に針を刺し、少し離れた場所に出して軽く引っ張ると玉留めが隠れます。

刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方
刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方

Step.18

詰めた綿が偏りにくく、置いた時にも安定するので中心部分を縫い絞ります。
糸にビーズを1個通して糸の半分で折り曲げ、ビーズを輪の先端に残して2本まとめて針に糸を通します。(写真参考)
表面の中心から裏面へ針を通します。

刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方
刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方

Step.19

ビーズを1個針に通し、表面に刺し戻ります。
布目が大きい布に小さなビーズを使うとビーズが抜けてしまう場合があるので、針を刺す場所は少しずらすと抜けにくくなります。
少し糸を引っ張り、中心部分を凹ませます。
表面のビーズに針を通して、また裏面に針を刺します。

刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方
刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方

Step.20

もう一度表面に出してビーズに通し、裏面に戻します。
玉留めする際は折り畳むようにするとやりやすいです。
ビーズの裏に隠すようにして糸を切り完成です。

刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方
刺繍枠にピッタリ!まあるいピンクッションの作り方

作り方のポイント

針が刺しやすいように、ステッチ面には玉留めを作らずに刺繍する事がポイントです。

このアイテムを作ったきっかけ

刺繍道具をスッキリ収納したいと思い、刺繍枠にピッタリサイズのピンクッションを作ってみました。

関連キーワード

,
>無料型紙と布・生地の通販サイト「nunocoto fabric」

無料型紙と布・生地の通販サイト「nunocoto fabric」

1,000種以上の色柄をそろえる、オリジナルデザイナーズファブリックの通販サイトです。50cm1,100円~。すべて商用利用可能です。布販売だけでなく、大人服や布小物などの無料型紙も配布しています。

CTR IMG