鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方

難易度:★★☆(ふつう)

レシピの商用利用についてはこちら

鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方

ポーチとして使う事が出来る、鯉のぼりです。
鯉のぼりなので、使わない時は部屋に飾る事が出来ます。
シンプルな作り方を紹介するので、目を付けたり鱗を付けたり、お好みの子を作ってみてください。

鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方

裁ち方図(型紙・囲み製図)

鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方
  • 表布:縦24cm×横22cm
  • 裏布:縦44cm×横22cm
  • 接着芯:縦24cm×横33cm
  • 綾テープ:7cm
  • Dカン:1個
  • バネ口:10cm 1個
  • バネ口のネジを差し込む為のペンチや金づち。今回は釣具のスプリットリングプライヤーを使用しました。
 

Step.1

鯉のぼりのシルエットを綺麗に出すために、表布に接着芯を貼って2枚裁断します。

裏布は端から5.5cmの所まで、両側とも接着芯を貼ります。貼った所がポーチの口になるので強度を出すためです。

鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方

Step.2

表布と裏布を縫い合わせる所に小さく切り込みを入れます。鉛筆などで付ける印とは違い、切り込みだと両面から直ぐ分かるメリットがあります。

鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方
鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方

Step.3

裏布を中表に2つ折りをして端から5㎝の所に印を書きます。片面だけで大丈夫です。

そこから縫い代7mmで図の通りに縫い合わせます。

鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方
鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方

Step.4

端から7mmで縫う時に、ミシンの針先から7mmの所にマスキングテープを貼って沿わせる様に縫います。

縫う時は針先から1cm手前辺りの、マスキングテープと布の境目辺りを見ながら縫うと縫いやすいです。

鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方
鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方

Step.5

縫った所をアイロンで割ります。縫っていない所は延長のラインを7mmで折ります。

底は目打ち等でひっくり返しておきます。

鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方
鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方

Step.6

バネ口を入れる口をステッチします。
7mmで折った所に5mmでコの字にステッチします。
開いている所を閉じるように揃えて押さえながらステッチをすると、綺麗に出来ます。

鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方
鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方

Step.7

ステッチがはみ出していないか裏を確認をします。

鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方

Step.8

綾テープにDカンを通して半分に折ります。

それを片側の表布の中心(切り込みで確認)に、綾テープの端から5mm位の所で縫い止めます。

鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方
鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方

Step.9

表布(Dカンを付けた辺)と裏布(切り込みが入っている辺)を中表に合わせて、中心の切り込みを揃えて縫い合わせます。

鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方
鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方

Step.10

表布と裏布の切り返え部分の位置をしっかりと合わせて、まち針やクリップで止めます。

鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方

Step.11

裏布は縫わない様に表布だけを重ねて、1周7mmで縫います。

縫ったあと、鯉のぼりのしっぽの両端は斜めにカット、谷の部分は際まで1本切り込みを入れます。

鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方
鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方

Step.12

表布を縫った所を割ってから、バネ口入れから表布だけ引き出します。

鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方

Step.13

表布を引き出し裏返します。
裏布は隙間からスライドして、今裏返した表布の中に入れます。

鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方
鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方

Step.14

バネ口入れの長さを、半分に折って揃えます。

鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方

Step.15

バネ口入れを半分に折ったまま、表布側に端ステッチをします。
裏(ポーチの中側)がシワになっていないか、確認をしながら1周縫います。

鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方
鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方

Step.16

形を整えてバネ口の金具を入れます。

鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方
鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方

Step.17

手で途中までネジを入れてから、工具を使ってしっかり入れ固定してください。

鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方
鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方

Step.18

完成です。
真鯉は15cmのものさしが入るので筆箱にもなります。

鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方
鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方

Step.19

フラッグの様にシンプルなものも良いですが、縫い始める前に目や鱗などを付けても仕上がりが可愛いです。

鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方
鯉のぼり型バネ口ポーチの作り方

作り方のポイント

ランダムな柄ではなく、ストライプやドットなど規則性のある生地で製作する場合は、鯉のぼりの側面の柄を揃えると仕上がりが綺麗です。

このアイテムを作ったきっかけ

我が家は家の中に鯉のぼりを飾るのですが、持ち歩きの鯉のぼりがあっても良いなと思い作りました。

>無料型紙と布・生地の通販サイト「nunocoto fabric」

無料型紙と布・生地の通販サイト「nunocoto fabric」

2,000種以上の色柄をそろえる、オリジナルデザイナーズファブリックの通販サイトです。50cm880円~。すべて商用利用可能です。布販売だけでなく、手作りキットや、大人服・布小物の無料型紙も配布しています。

CTR IMG