ダブルガーゼの優しいおくるみ の作り方

難易度:★☆☆(かんたん)
ダブルガーゼの優しいおくるみ の作り方

ブランケットのかわりにしたり、くるんで赤ちゃんが落ち着くようにするおくるみ。
実はとっても簡単に作れちゃいます。
フード付きなので、お風呂上りにもお使い頂けます。

ダブルガーゼの優しいおくるみ の作り方

裁ち方図(型紙・囲み製図)

ダブルガーゼの優しいおくるみ の作り方
  • 表布:縦100cm×横100cm
  • 裏布:縦100cm×横100cm
  • フード布:縦50㎝×横50㎝
 

Step.1

フード布を斜めに半分に折り、折った部分を端1㎝で縫います。

ダブルガーゼの優しいおくるみ の作り方

Step.2

表布と裏布を中表に合わせ、間に先ほど縫ったフード布を入れます。
下から表布(中表)、フード布、裏布(中表)になります。
※布が大きくわかりにくい為、紙で説明してます。

ダブルガーゼの優しいおくるみ の作り方
ダブルガーゼの優しいおくるみ の作り方

Step.3

返し口を10㎝ほどあけて、ぐるりと1周縫います。
(返し口はフード布が重なっていない部分)

ダブルガーゼの優しいおくるみ の作り方

Step.4

角がもたつかないように切り落とします。

ダブルガーゼの優しいおくるみ の作り方

Step.5

返し口から布を返します。

ダブルガーゼの優しいおくるみ の作り方

Step.6

アイロンで整え、端5㎜のところを1周縫い完成です。
お疲れ様でした。

ダブルガーゼの優しいおくるみ の作り方
ダブルガーゼの優しいおくるみ の作り方

作り方のポイント

ガーゼはしわや伸びが生じやすいので、しっかりアイロンをかけてから縫うときれいに仕上がります。
大きくて大変に思えますが、工程は少ないので、思いのほか簡単に出来ますよ。

このアイテムを作ったきっかけ

子どもたちが赤ちゃん時代に使ったおくるみ。
夜中に何度も起きてしまうわが子でしたが、おくるみで巻いてあげると落ち着いていつもより長く寝てくれました。
今は夏場のお昼寝時にかけ布団代わりに使用しています。
しかし、長いこと使っていてボロボロになってきてしまったので、家にあるガーゼ生地で作ってみました。
肌触りが良く、子どもも気に入ってくれました。

この作品で使用した布

hanahana(ホワイト)| nunocoto fabric

コントラストの鮮やかさと、色鉛筆で描かれたタッチの柔らかさ。 1枚の絵の中に、いろんな魅力が詰まったテキスタイルデザイン…

>無料型紙と布・生地の通販サイト「nunocoto fabric」

無料型紙と布・生地の通販サイト「nunocoto fabric」

1,000種以上の色柄をそろえる、オリジナルデザイナーズファブリックの通販サイトです。50cm1,100円~。すべて商用利用可能です。布販売だけでなく、大人服や布小物などの無料型紙も配布しています。

CTR IMG