《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方

難易度:★☆☆(かんたん) 手縫いでも作れる

レシピの商用利用についてはこちら

《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方

手芸好きの方には必需品のピンクッション。
裁縫箱を開けた時に素敵なピンクッションが入っていたら嬉しくなりますね。
ピンクッションの中身には「ひみつの素材」を入れています。
小ぶりな刺繍作品なので、刺繍初心者さんにもお勧めです。

《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方

裁ち方図(型紙・囲み製図)

《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方
  • 薄手〜中厚の生地:無地のリネンやコットンがお勧めです。針通りの良い生地を選びましょう。
  • 刺繍枠:あまり大きな刺繍枠よりも小ぶりなもの、8cm〜12cmの間の大きさの枠が使いやすいです。
  • 写し絵の紙またはピーシングペーパー:刺繍デザインの概略を取ったあと、ビリビリと破れる薄手の紙。ピーシングペーパーは手芸店に、映し絵の紙はseriaや DAISOにあります。
  • コーヒー豆のかす:10g程度
  • わた:適量
 

Step.1

作りたいサイズでピンクッションの型を描き、生地に印をつけます。
今回は直径8㎝の丸型で作ります。

あまり大き過ぎるピンクッションは、細い縫い針などが潜り込んでしまうので小ぶりなサイズ感がお勧めです。
まる、正方形、長方形…シンプルな形でしたら、どんなものでも可愛いです。
完成作品の画像を参考に形を決めてみてくださいね。

《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方

Step.2

ピーシングペーパーまたは映し絵の紙に、刺繍の図案をうつします。
完成位置を気にしながら、図案を写した紙を、生地にまち針で留めておきます。

《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方
《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方

Step.3

デイジーを刺繍します。
まずは茎の部分を3本どりのコーチングステッチで。

コーチングステッチとは置き系と留め糸を2本用意して置き系を留め糸で縫い留めていくステッチ(※図を参照)。
今回のような短い距離の場合、1本の糸で処理することも可能です。

《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方
《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方

Step.4

次に葉の部分を3本どりのレジーデイジーステッチで。
※図を参照。

《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方
《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方

Step.5

最後に花の部分を3本どりのフレンチノットステッチで。(※図を参照)
この時、花の中心部は埋めないようにして下さい。次の手順でピーシングペーパーを破きやすくするため、花のアウトラインだけを刺しましょう。

《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方
《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方

Step.6

ピーシングペーパーをビリビリ破ります。
生地を傷めないように目打ちや針先などで慎重に。

《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方

Step.7

花の中央を同じくフレンチノットステッチで埋めましょう。
形を整える気持ちで進めてください。

刺繍部分は完成です。

《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方
《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方

Step.8

ピンクッションに仕立てていきます。
手順1で描いた線から縫い代1㎝ほどを残してカットします。

中表にして縫いましょう。手縫いでも構いません。

返し口を3㎝ほど空けておくことを忘れずに。

《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方
《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方

Step.9

表に返して目打ちなどで形を整えます。
ここでアイロンしておくと仕上がりが綺麗です。

《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方

Step.10

いよいよ秘密の素材、コーヒー豆の登場です。

ドリップした後のコーヒー豆の出涸らしを、よく乾燥させて、お茶パックに10g程度計って入れます。
コーヒー豆の量はピンクッションの大きさによって変えてください。

《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方
《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方

Step.11

コーヒー豆が出てこないよう、念のためお茶バックの口を縫い合わせておきます。

《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方

Step.12

ピンクッションの中にコーヒー豆の入ったお茶パックを入れます。
3センチの隙間からなので少々きついかもしれませんが、ゆっくり慎重に。

《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方
《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方

Step.13

コーヒー豆を入れてもピンクッションにはまだ隙間があるはず。
その隙間に綿を入れましょう。

お茶パックを挟んで上下に満遍なく綿を詰めてください。
硬さは好みもありますが、8㎝直径の丸いピンクッションの場合、完成作品が15gになるくらいが使い易い硬さではないでしょうか。

《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方
《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方

Step.14

返し口をかがったら完成です。

《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方

Step.15

サイズや形、刺繍デザインを変えてお楽しみください。
こんな針刺が裁縫箱にコロンと入っていたら嬉しいですよ♪
家庭科が始まったばかりのお子様に作ってあげても、喜ぶのではないでしょうか。

《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方
《図案あり》デイジー刺繍のピンクッションの作り方

作り方のポイント

コーヒー豆を詰める時には、お茶パックに入れてからという一手間を忘れずに。
細かいコーヒー豆のかすは直に入れたら生地の隙間から出てきてしまいます。
サイズはお好みで変えてください。あまり大きなものよりも小ぶりなものがお勧め。
(まち針は大丈夫ですが)刺繍針や縫い針は大きなピンクッションの中に潜ってしまうからです。

このアイテムを作ったきっかけ

コーヒー豆をドリップして飲む時に出るコーヒー豆のかす、香りも良いし何かに使えないかな…そう思って調べてみました。
油分の含まれるコーヒー豆は金属のさびを防いでくれる働きもあるそう。
刺繍を施すと見た目も可愛らしく素敵な作品になりました。

※ピンクッションの中身は、もちろん綿だけで作ってもOKです。その場合、手順10〜14は飛ばして読んで下さいね。

>無料型紙と布・生地の通販サイト「nunocoto fabric」

無料型紙と布・生地の通販サイト「nunocoto fabric」

2,000種以上の色柄をそろえる、オリジナルデザイナーズファブリックの通販サイトです。50cm880円~。すべて商用利用可能です。布販売だけでなく、手作りキットや、大人服・布小物の無料型紙も配布しています。

CTR IMG