【かぎ針】鎖編みのやり方(編み方)をやさしく解説【初心者向け】

鎖編み(くさり編み)は、かぎ針編みの基本中のきほんとなる編み方です。

細編みなどの土台(作り目)になるので、鎖編み無しでは、かぎ針編みを習得することはできません!

まったくかぎ針をやったことがない!という初心者さんでもわかるように、写真付きで鎖編みのやり方をご紹介します。

毛糸とかぎ針の持ち方

まずは、かぎ針編みの糸と針の持ち方を解説します。

左手の持ち方(利き手と反対の手)

毛糸の持ち方①
①右手で糸端とつかみ、左手の小指と薬指の間に毛糸を挟む
毛糸の持ち方②
②人差し指に糸をかける
毛糸の持ち方③
③人差し指は立てたまま、親指と中指で糸端をつまむ。糸は緩すぎず、つっぱりすぎず、程よい張り具合を維持する

右手の持ち方(利き手)

かぎ針の持ち方
親指・人差し指・中指でかぎ針を持つ。中指はかぎ針に引っ掛けた糸を押さえたり操ったりする
かぎ針編みの手つき
かぎ針編みの手つき
左利きの場合の持ち方
左利きの方は、上記の写真と左右を逆にして針と糸を持ちます。

鎖編みのやり方(編み方)

鎖編み

鎖編み(くさり編み)のやり方を順を追って解説します。

鎖編みの編みはじめ(最初の目)

鎖編みの編みはじめ1
①かぎ針を糸の向こう側に当てる
鎖編みの編みはじめ2
②手前に回転させて、糸を巻き付ける
鎖編みの編みはじめ3
かぎ針に糸を巻き付けた様子
鎖編みの編みはじめ4
③糸の交差部分を、左手の親指で押さえる
鎖編みの編みはじめ4
左手親指で糸を押さえた様子
鎖編みの編みはじめ4
④左手の親指で糸を押さえたまま、かぎ針に糸をかける
鎖編みの編みはじめ5
⑤針先に糸を引かっけて、輪の中から引き抜く
かぎ針編みの最初の目4
⑥最初の目ができた

左手の親指で糸を押さえながら、かぎ針を操るのがすこし難しいかもしれません。

この方法で最初の目が作りにくいときは、次にご紹介する、かぎ針を使わない方法を行いましょう。

かぎ針編みの最初の目1
①糸を指に巻き付けて、輪を作る
かぎ針編みの最初の目2
②糸端を写真のように輪に通す
かぎ針編みの最初の目3
④糸を引き締めて、輪を小さくする
かぎ針編みの最初の目4
⑤輪に針を通す

鎖編みの編み方

かぎ針編みの手つき
①左手の親指と薬指で最初の目を押さえ、かぎ針を糸の手前に当てる
鎖編みのやり方
②かぎ針で糸を軽く押すようにして、糸を巻き付ける
鎖編みのやり方
③針先に糸を引っかけて、輪の中に通す
鎖編みのやり方
④ひと目編めた!
鎖編みのやり方
①~③を繰り返す

鎖編みの終わり方・糸始末の方法

鎖編みの終わり方
①10cmほどの長さを残して、糸を切る
鎖編みの終わり方
②糸端をかぎ針に引っ掛ける
鎖編みの終わり方
③輪の中に糸端を通して、そのまま引き抜く
鎖編みの終わり方
④糸を引き締める

鎖編みの編み方動画

鎖編みの編み図(記号)

鎖編み(くさり編み)の記号

こちらの楕円形が、鎖編み(くさり編み)の編み目記号です。

編み図に記載された記号の数だけ、鎖編みを編みましょう。

鎖編み(くさり編み)の記号

上図の場合、つくり目として鎖編みを10目編むことになります。(縦向きの楕円形は、立ち上がりの目を意味します)

目の数え方

鎖編みの目の数え方

鎖編みの目の数え方は、ひとつの輪っかを1目とします。

このとき、一番最初の目は目数に数えません。

途中で毛糸を変えるときは?鎖編みの糸の足し方

鎖編みの途中で糸が足りなくなったり、色を変えたりしたい場合の、糸のつなぎ方をご紹介します。

鎖編みで糸を変える方法
①かぎ針につながっている糸端と新しい糸を、左手で一緒に押さえる
鎖編みで糸を変える方法
②新しい糸を針にひっかける
鎖編みで糸を変える方法
③輪の中に糸を通し、引き抜く
鎖編みで糸を変える方法
④そのままだと解けてしまうので、結んでおく

鎖編みだけなら、④のときにしっかりと固結びをしておきましょう。

細編みなど、2段目以降も編み続けるなら、固結びまでせずに緩めに結んでおくだけでOK!2段目を編むときに、この結び目を拾うので、あまりきつく結んでしまうと編みにくくなります。

細編み(表)
鎖編み(作り目)で糸を変えて、2段目を細編みで編んだ様子。糸のつなぎ目は見た目ではわかりません。
細編み(裏)
細編みを裏から見た様子。こちらも糸のつなぎ目がわからず、見た目がきれいにできています。

初心者にありがちな失敗と、きれいな鎖編みのコツ

慣れれば簡単な鎖編みですが、はじめのうちは手加減がうまくつかめず、きれいにできないこともありますよね。

編み物初心者さんによくある失敗別に、対処方法をご紹介します。

目がきつい、ゆるい

編み目がきついときは、左手で糸を強く張りすぎているのが1つの原因です。

鎖編みがきつい
糸が張りすぎていると、目がきつくなりやすい
鎖編みがきつい
ほどよい張りで糸をもつ

毛糸玉から少し長めに糸を引き出しておき、左手で糸を操りやすいようにしておくのもオススメです。

一方で編み目が緩いときは、かぎ針に引っ掛けた輪が大きすぎるかもしれません。

かぎ針の太さにあわせて、糸を引き締めながら編むようにしましょう。

鎖編みがゆるい
輪が大きすぎると、目が緩くなる
鎖編みがゆるい
針の太さに合わせて、輪を引き締める

編み物は手加減によって、できあがりのサイズが大きく違ってきます。

↓こちらの画像は、同じ目数で編んだ3つの鎖編みです。目のきつさ(緩さ)によって、こんなに長さが変わってしまいます。

鎖編みの目の大きさ

毛糸の引き締め具合など、編みながら調整できる部分もありますが、一番大切なのは、自分の編み方の癖を知ること!

「いつもきつい」「いつも緩い」など、癖が分かれば、練習するうちに程よい手加減で編めるようになりますよ。

鎖編みがねじれる

鎖編みがねじれる

鎖編みがねじれる、くるくる巻いてしまう、うねる…など、まっすぐに編めないときは、かぎ針の向きに注意してみてください。

かぎ針の先端は、下向きのまま編むようにすると、ねじれにくくなります。

鎖編みがねじれるとき
【OK】針の先端は下向きで、糸をひっかける
鎖編みがねじれるとき
【OK】下向きのまま、輪の中を通す

かぎ針の先端が、上を向いたり下を向いたり、不要な動きをすると糸がねじれて、鎖編みがうねってしまいます。

鎖編みがねじれるとき
【NG】針の先端が上向きになっている
鎖編みがねじれるとき
【NG】針の先端で糸をねじってしまう

指で編む鎖編みのやり方(指編み)

かぎ針を使わないで、指で編むときもやり方は同じです。

指で鎖編みをする
①糸を指に巻き付けて、輪を作る
指で鎖編みをする
②この輪が最初の目になる
指で鎖編みをする
③最初の目に人差し指を入れ、指先に糸をひっかける
指で鎖編みをする
④ひっかけた糸を輪に通す
指で鎖編みをする
⑤指編みで1目編めた!
指で鎖編みをする
⑥繰り返す

上の画像では、並太の毛糸を使ったので、編み目に隙間が空いてしまいました。指編みなら極太・超極太の毛糸や、Tシャツヤーン(ズパゲッティ)など、太めのものがオススメです。

【番外編】マスク紐(マスクゴム)なら、鎖編みよりスレッドコード

鎖編みは多少の伸縮性があるので、マスク紐(マスクゴム)にも使えます。

ただマスク紐なら、鎖編みよりも「スレッドコード」のほうがオススメ!もう少し弾力性があり、見た目のしっかり感もあります。

スレッドコードも鎖編みの編み方ができれば簡単に作れるので、ご紹介しておきます。

スレッドコードの編み方
①作りたい紐の長さの、3倍程度の糸端を引き出しておく
スレッドコードの編み方
②最初の目を作ったら、糸端側の糸を、手前からかぎ針に巻きつける
スレッドコードの編み方
③左手の親指と中指で糸を押さえる
スレッドコードの編み方
④針先で糸を引っかける
スレッドコードの編み方
⑤糸を輪の中に通して引き抜く
スレッドコードの編み方
⑥1目編めた!②~⑤を繰り返す
鎖編みとスレッドコードと細編み

紐の太さだけで比較すると、スレッドコードは鎖編みと細編みの中間くらいです。

鎖編みに比べると、スレッドコードのほうが編み目が密集していて、すこし太めですね。伸縮性も鎖編みよりも高く、頑丈です。

マスクゴムとしてだけではなく、あやとりの紐やミサンガなどにもおすすめです。

スレッドコードの編み方動画

まとめ

鎖編みは、かぎ針編みの基本中のきほんです。編み方も単純なので、慣れればサクサク編めるようになります。

左手で持つ毛糸の張り具合や、かぎ針の向きに注意すれば、さらにきれいに鎖編みが作れるようになりますよ。

関連キーワード

>無料型紙と布・生地の通販サイト「nunocoto fabric」

無料型紙と布・生地の通販サイト「nunocoto fabric」

1,000種以上の色柄をそろえる、オリジナルデザイナーズファブリックの通販サイトです。50cm1,100円~。すべて商用利用可能です。布販売だけでなく、大人服や布小物などの無料型紙も配布しています。

CTR IMG