【初心者向け】編み物の毛糸のつなぎ方・結び方

編み物をしていると、どうしても途中で毛糸が足りなくなり、次の糸に変える必要がでてきますよね。

また毛糸の色を変えることも多いと思います。

このコラムでは、編み物途中で毛糸を変える場合の、つなぎ方(結び方)を3種類ご紹介します。

「これが正解!」というものはないので、自分のやりやすい方法を見つけてくださいね。

編み物途中で毛糸が足りなくなった時のつなぎ方

編んでいる途中で毛糸が足りなくなったときのつなぎ方は、3つあります。

  • 編み地の端で替える方法
  • 毛糸同士を結んでつなぐ方法
  • 編み地の途中で糸を替える方法

1.編み地の端で替える方法

毛糸のつなぎ方(結び方)
毛糸のつなぎ方(結び方)

①編んでいる段の端で、糸端を10cm残して糸を切ります。

②新たに編み始める糸の端も10cm残して、続けて編み始めます。

③ほどけないように軽く結んでおきます。

④③の結び目を解いて、編み地をすくって糸をくぐらせていきます。

毛糸のつなぎ方(結び方)
毛糸のつなぎ方(結び方)
毛糸のつなぎ方(結び方)
毛糸のつなぎ方(結び方)

糸替えが編み地に影響することなく、きれいに仕上がりました!

2.毛糸同士を結んでつなぐ方法(はた結び)

次に、編み物でよく使う「はた結び」という毛糸の結び方を紹介します。

①2本の毛糸を十字に重ねます(下糸:赤、上糸:グリーン)。

はた結び

②交点を手で抑え、下糸(赤)で”わ”を作り(※手前から奥へ向かって”わ”を作る)、上糸(グリーン)の糸端を、”わ”へ通します。

はた結び
はた結び

③上糸(グリーン)を引くことを意識しながら、下糸(赤)も反対側方向へ、”X”を描くような気持ちでバランスよくひきしめていきます。(※糸がスルッと抜けてしまわないように!)

はた結び

④結び目は解かずに、糸の両端は編み地にくぐらせていきます。

このとき、短く糸の両端を切って、そのまま編み進める方もいます。(わたしは、解けるのが心配なときは、編み地にくぐらせます。)

はた結び

3.編み地の途中で糸を替える方法

①糸端を10cm残して新しい糸に替えます。

②新たに編み始める糸の端も10cm残しておきます。

まだ穴が開いている状態です。

毛糸のつなぎ方(結び方)

③ほどけないように毛糸を軽く結んで、そのまま編み進めます。

④③の結び目を解いて、編み地をすくって糸をくぐらせていきます。

このとき表側にくぐらせた糸が出ないように注意しましょう。

毛糸のつなぎ方(結び方)
毛糸のつなぎ方(結び方)

きれいに仕上がりました!

毛糸のつなぎ方(結び方)

毛糸を足すときのポイントと注意点

余裕をもって、毛糸を繋ぐ

毛糸をつなぐときは、1.の「編み地の端で替える方法」が、仕上がりが一番キレイでおすすめです。

「もうすぐ毛糸が足りなくなりそうだな」と思ったら、足りなくなるギリギリまで編まずに、いさぎよく替えて良いと思います。

一応の目安は、メリヤス編みの場合、一段に使う編み地幅の4〜4.5倍の長さの毛糸が必要です。(模様あみの場合は、それ以上糸を使います。)

糸のムダが出てしまってもったいない気もしますが、残った糸は、”とじはぎ”に使えますよ。捨てないで工夫して活用してくださいね!

はた結びは、結び目に要注意

2.の「結び目を作って糸を替える方法(はた結び)」は、結び目が表地に影響がないように気をつけましょう。

編み地の根元で結び目を作った場合は、結び目の力加減を気をつけないと、編み地がひきつれてしまったり、逆に緩んでしまったりすることがあります。また、結び目が表側に飛び出ないように、編みながら調整が必要です。

個人的意見ですが、「はた結び」は、編み地の根元では少し結びにくい気がします。慣れない方は、3.の方法で軽く結んでおいて、後から糸をくぐらせた方が簡単かもしれません。

作るアイテムによって、結び方を考えよう

3.の「編み地の途中で糸を変える方法」は、糸の重なり部分に厚みが出てしまいやすいです。

立体的な編み地だったり、使っている毛糸の種類によっては、あまり影響がないかもしれません。メリヤス編みなど、シンプルな編み地ほど気になることがあります。

編み地の目立つ部分(例えば、セーターの前見頃など)で糸替えが必要なときは、1.の方法が良いでしょう。

毛糸をつないだ時の、糸端の処理の仕方

毛糸のつなぎ方(結び方)

糸端を処理するタイミング

毛糸をつなぐときに生じる10cmほどの糸端の始末は、”とじはぎ”がすべてが終わってからまとめて、とじ針で編み地にくぐらせる作業をします。

残した10cmの糸をすべてギリギリまで使うのではなく、ある程度(2〜3cm)編み地にくぐらせたら、余分は切ってしまって構いません。

”とじはぎ”や糸の始末は、意外と時間がかかります。(ここで力尽きて、ほったらかしている話もよく聞きます…^^;)

とっても地味な作業ですが、仕上げまでもうひと踏ん張りのところ!あと一息、がんばってくださいね。

糸端は編地の裏の編み目にくぐらせる

また、どこに毛糸をくぐらせたら良いか?に迷ったら「編み地の表に影響が出ない」ことを意識します。裏から見て、表に出にくい目を選んで糸をくぐらせていきましょう。

そして糸をつないだ部分が、ほどけたり穴が開いたりしいようにすることが大切です。

「左方向へ向かう糸は右へ」「右方向へ向かう糸は左へ」、「上方向へ向かう糸は下へ」「下方向に向かういとは上へ」と、”互い違い”に絡めることがコツです。

編み物の達人の編み地を見ると、糸始末が美しすぎて、ため息が出るほど感動しますよ〜。

関連キーワード

>無料型紙と布・生地の通販サイト「nunocoto fabric」

無料型紙と布・生地の通販サイト「nunocoto fabric」

1,000種以上の色柄をそろえる、オリジナルデザイナーズファブリックの通販サイトです。50cm1,100円~。すべて商用利用可能です。布販売だけでなく、大人服や布小物などの無料型紙も配布しています。

CTR IMG