【初心者向け】かぎホック・スプリングホックのつけ方とコツ

スプリングホックとカギホックの付け方

ブラウスやワンピースの襟開き部分、スカートやズボンのウエストなどに使われる、ホック。

お洋服づくりではよく使われるので、つけ方の基本は覚えておくと何かと便利ですよ。

ここでは、きれいに&頑丈にホックを縫い付ける方法をご紹介します。

手芸用ホックの種類について

お洋服のハンドメイドに使われるホックは、主に2種類あります。

  • スプリングホック
  • カギホック

スプリングホックは、カギホックよりも小さくて目立たないタイプのものです。

こちらもスカートやパンツのウエストにも使用されるほか、ブラウスやワンピースなど、襟あきのファスナー上に使われます。

目立たないところがメリットですが、フックが小さいので外れやすいのが難点。

スプリングホックとカギホック

カギホック(鍵ホック)は、スカートやズボンなど、ボトムスのウエストによく使われます。「前カン」とも呼ばれます。

大きなサイズでフックがダブルになっているものもあるので、ウエストベルトの幅に合わせて大きさを選びましょう。

スプリングホックの代わりになるアイテムは?

スプリングホックやカギホックをつけたいけど、手元にない!というときは、ボタンと布ループ(もしくは糸ループ)で代用することができます。

スプリングホックの付け方

まずオスのパーツ(フックがついている方)からつけていきます。

スプリングホックを布端ギリギリのところに置く
ホックを布端ギリギリのところに置きます。すこしはみ出してもOK!
チャコペンでしるしをつける
ホックの先端を挟むように、チャコペンで2か所しるしをつけておきます。
縫い目の隙間から針をいれる
玉結びをしたら、縫い目の隙間から針をいれて強く引き、布の中に玉結びを隠します。針は下のしるしの箇所に出します。
上のしるしに針を入れて縫う
上のしるしに針を入れて、ひと針縫います。このとき糸は引き切らずに、輪の状態でいったんストップ!
輪にフックをひっかける
輪にフックをひっかけて、糸を引き締めます。しっかり固定するために、おんなじ個所をもうひと針縫っておきましょう。
中央部分を2回縫い付ける
続いて、中央部分を2回縫い付けます。
スプリングホックを縫い付ける
次は輪の部分を縫い付けます。金具の外側から内側へ針を出します。
スプリングホックを縫い付ける
糸を完全に引く前に、輪の中に針を通してから引き締めます。
スプリングホックを縫い付ける
繰り返します。
スプリングホックを縫い付ける
ひとつ目の輪の部分が縫えたら、もう片方も同じように縫いつけます。
玉止めする
最後は金具の際で玉止めをします。
玉止めをかくす
すこし離れたところに針を出して、玉止めを金具の下に隠します。
スプリングホック(オス)が縫えた
スプリングホック(オス)が縫えました。
スプリングホック(メス)は少し布端からはみ出すように置きます
スプリングホック(メス)は、オスと高さを合わせて、2~3mm布端からはみ出すように置きます。
しるしをつける
輪っかの中に、2か所しるしをつけておきます。
縫い目の隙間から針をいれる
玉結びをしたら、縫い目の隙間から針をいれて布の中に結びを隠します。針は上のしるしの箇所に出します。
金具に糸を通す
左右の輪っかに糸を通します。
下のしるしの箇所から針をさす
下のしるしから針を入れて、上のしるしに出します。
ホックが固定されました
ホックが固定されました。しっかり固定するために同じ個所のもう1回縫い付けておきましょう。
スプリングホックを縫い付ける
あとはオスのパーツと同じように、スプリングホックを縫い付けていきます。
スプリングホックを縫い付ける
輪っかの部分が縫えたら、画像の青線部分を2回ずつ縫い付けます。
玉止めする
最後は玉止めをして、少し離れたところに針を出し、金具の下に玉止めを隠します。
スプリングホックを縫い付ける
スプリングホックが縫い付けられました!

カギホックの付け方

カギホックをつける位置にチャコペンでしるしをつけます
カギホックをつける位置にチャコペンでしるしをつけます。輪っかの中2か所につけるとこの後の作業がしやすいですよ。
縫い目の間から針を入れて玉結びを隠します
玉結びをしたら縫い目の間から針を入れて、布の中に玉結びを隠します。針は上のしるしから出します。
カギホックに糸を通します
カギホックの2か所の輪っかに糸を通し、下のしるしから針を刺します。針は上のしるしから出します。これでホックが布に固定されて、縫いやすくなります。
ホックの外側から針を入れます
ホックの外側から内側に針を出します。
糸を完全に引く前に、輪の中に針を通してから引き締めます。
糸を完全に引く前に、糸の輪の中に針を通してから引き締めます。2針目以降も同じように縫い付けます。
カギホックを縫い付ける
次の輪っかを縫い付けるときは、布の中に針を通して移動します。
玉止めをする
最後は玉止めをします。
離れたところに針を出して、玉止めを金具の下に隠します
離れたところに針を出して、玉止めを金具の下に隠します。これでオスのパーツを縫い付けられました。
カギホックのメスを縫い付ける
メスのパーツをつける位置を決めるため、いったん縫い付けたオスにメスを取り付けます。
カギホックのメスを縫い付ける
そのままメスをつけたい位置に合わせて、チャコペンでしるしをつけておきます。

縫い目の間から針を入れて玉結びを隠します
玉結びをしたら縫い目の間から針を入れて、玉結びを隠します。

カギホックのメスを縫い付ける
オスのパーツと同様の縫い方で、メスも縫い付けていきます。
カギホックのつけ方
カギホックが付けられました!
関連記事

カーディガンなどのお洋服、ベビー用スタイ、ポーチなどの小物など、なにかと出番の多いスナップボタン。お裁縫初心者さんでも簡単にスナップボタンを付けられるように、写真付きで細かくやり方をご紹介します。より頑丈に、見た目もきれい[…]

スナップボタンのつけ方

右左どっちに付ける?スプリングホック・カギホックのオスとメス

ホックのオスメス

ホックは、フック(かぎ)のついたパーツと、輪になっているパーツが1セットになっていますよね。

フック(かぎ)のパーツがオス、受け側のパーツがメスです。

ブラウスやワンピースの後ろの襟あき部分につける場合、右身ごろ(着た時に右側に来るほう)にフックのパーツを付けます。

ブラウスにスプリングホックをつける

スカートやパンツの左あき部分にホックをつける場合、前身ごろ(着た時に前に来るほう)にフックのパーツを付けます。

スカートにスプリングホックをつける

スーツのスラックスなどのパンツで、前のあき部分にホックをつける場合は、上に重なる方にフックのパーツを付けます。

パンツにカギホックをつける

スプリングホック・カギホックをきれいに縫い付けるコツ

スプリングホックやカギホックの縫い付けで手間取るのが、パーツが動いてしまって縫いにくいという点。

今回ご紹介したやり方であれば、最初のひと針目でパーツをしっかり固定できるので、初心者さんでもとっても縫いやすいですよ。

輪にフックをひっかける

またホックをつけるときの注意点として、表布まで一緒に縫わないように気を付けてくださいね。

まとめ

スプリングホックとカギホックの付け方を解説しました。

かなり細かい作業なので、慣れないうちはすこし手間取るかもしれません。何度か縫うときれいに縫えるようになりますよ。

なお手芸本や解説サイトによって、縫い付ける順番や縫う箇所が異なる場合があります。

ホックが動かないように縫い付けられれば問題ないので、やりやすい方法で作業してくださいね。

関連記事

お裁縫初心者さん向けに、ボタンのつけ方を解説します。意外と迷いがちな縫いはじめ、最後の糸始末、縫いやすくなるコツなど、写真付きで超くわしくご紹介!記事後半では、かわいいボタンのつけ方アレンジも少し取り上げます。【基[…]

ボタンのつけ方

関連キーワード

>無料型紙と布・生地の通販サイト「nunocoto fabric」

無料型紙と布・生地の通販サイト「nunocoto fabric」

1,000種以上の色柄をそろえる、オリジナルデザイナーズファブリックの通販サイトです。50cm1,100円~。すべて商用利用可能です。布販売だけでなく、大人服や布小物などの無料型紙も配布しています。

CTR IMG