【かぎ針編み】ハートの編み方(クリスマスオーナメント)

かぎ針編みで作るハートの編み方

クリスマスオーナメントにおすすめの、平面のハートの編み方です。

基本は円編みですが、編み方を工夫するだけでハート型に作ることができますよ。

ハートのオーナメントの編み図(平面)

かぎ針編みで作るハートの編み図(平面)

ハートのモチーフの編み方(動画)

かぎ針編みで作るハートの編み方を、動画で見たい方はこちらをご覧ください。

かぎ針編みで作るハートの編み方

【今回使用した糸と針】
・毛糸:40g/68m
・標準ゲージ(10cm四方):15目5段(長編み)
・かぎ針:6号

※毛糸の太さや、使用するかぎ針はラベルに記載されています。新しく購入する際は、ヒントにしてくださいね。

1.わで作り目を編む

輪の作り目で編み始めます。
輪の作り目で編み始めます。(わの編み方はこちら
立ち上がりを3目編みます
立ち上がりを3目編みます。
長編みを編みます。
長編みを編みます。
長編みを、もう1目編みます。
長編みを、もう1目編みます。(右から、立ち上がり・長編み・長編み
次に、中長編みを3目編みます
次に、中長編みを3目編みます。
長編みを1目編みます。
長編みを1目編みます。これでハートの半分が編めました。
今編んだ長編みに、マーカーをつけておきましょう
ここでポイント!今編んだ長編みに、マーカーをつけておきましょう。2段目を編むときに必要になります。
次は、中長編み3目編みます。
次は、中長編みを3目編みます。
続いて、長編みを3目編みます。
さらに、長編みを3目編みます。
輪を引き締めます
輪を引き締めます。
輪の根元に、引き抜き編みをします。
輪の根元に、引き抜き編みをします。
一段目が編めました。
一段目が編めました。すでに小さなハート型になっていますね!
関連記事

かぎ針編みの基本的な編み方のひとつ「長編み」のやり方をご紹介!長編みは、細編みのおよそ3倍の高さが1段で編める、便利な編み方です。編み物の幅がグッと広がりますよ。長編み、中長編み、長々編みの3つを、写真と動画で丁寧に解説し[…]

長編みのやりかた

2.細編みを1目に2目入れて、増し目をする

立ち上がりを1目編みます。
立ち上がりを1目編み、2段目に行きます。
1段目の立ち上がりの3目めに針をいれます。
1段目の立ち上がりの3目めに針をいれます。
細編みを2目編み入れます。
細編みを2目編み入れます。同じように、1目に2目ずつ細編みを入れて、ハートを一回り大きくしていきます。
1段目でマーカーを付けた目まで編めたら、いったんストップ!
1段目でマーカーを付けた目まで編めたら、いったんストップ!この目には細編みは編みません。
マーカーがついている目には、長編みを1目編みます。
マーカーがついている目には、長編みを1目編みます。
ここだけ長編みにすることで、ハートのとんがり部分を表現します。
ここだけ長編みにすることで、ハートの下の部分(とんがり部分)を表現します。次の目からは、同じように細編みを2目ずつ入れていきましょう。
2段目の最後まで編めました。
2段目の最後まで編めました。
前段で、引き抜き編みをした目に、引き抜き編みをします。
前段で、引き抜き編みをした目に、引き抜き編みをします。
引き抜き編み
2段目が編めました!
2段目が編めました!しっかりハート型になっていますね。

3.糸始末をする

糸端を10cmほど残して切り、かぎ針にかかったループの中に引き抜きます。
糸端を10cmほど残して切り、かぎ針にかかったループの中に引き抜いて目を止めます。
閉じ針に糸を通し、編み地の裏面の編み目にくぐらせます。
閉じ針に糸を通し、編み地の裏面の編み目にくぐらせます。表に響かない目を慎重に選びましょう。
形を整えて、完成です
形を整えて、完成です!
クリスマスオーナメント用の吊り下げ紐をつけましょう。
クリスマスオーナメント用の吊り下げ紐をつけましょう。

かぎ針編みのハートの編み方のコツ

長編みと中長編みの高さの変化によって、ハート型を作っています。

しっかりとハート型に編むためには、長編みを中長編みの、それぞれの本来の高さをきちんと出すのがポイントです。

手加減によってはハート形になりにくいかもしれませんが、何度か繰り返し編んでみてくださいね。

>無料型紙と布・生地の通販サイト「nunocoto fabric」

無料型紙と布・生地の通販サイト「nunocoto fabric」

1,000種以上の色柄をそろえる、オリジナルデザイナーズファブリックの通販サイトです。50cm1,100円~。すべて商用利用可能です。布販売だけでなく、大人服や布小物などの無料型紙も配布しています。

CTR IMG