【かぎ針】長編みの編み方とコツ(中長編み・長々編みも!)

長編みのやりかた

かぎ針編みの基本的な編み方のひとつ「長編み」のやり方をご紹介!

長編みは、細編みのおよそ3倍の高さが1段で編める、便利な編み方です。編み物の幅がグッと広がりますよ。

長編み、中長編み、長々編みの3つを、写真と動画で丁寧に解説します。

かぎ針編みの長編みとは?

長編み(ながあみ)とは、細編みよりも高さのある編み方の1つです。

1目で細編みのおよそ3目分の高さになるので、一気に多くの面積を編むことができます。高さの違った、中長編みや長々編みなどの編み方もあります。

細編みに次いで、よく使われる編み方なのでぜひ覚えておきましょう!

編み方別比較

細編み・中長編み・長編み・長々編みの、1目の大きさを比較してみました。

長編みの比較

同じ1目でも、これだけ高さが異なります。

細編みの高さを1とすると、中長編みは2、長編みは3、長々編みは4になります。

長編みが編めるようになると、バッグやクッションカバーなど、大きな面を一気に編めるのでとっても便利ですよ。

編み図記号

長編みの編み図記号

長編みの記号はこちら。アルファベットのTに、斜線が入ったような記号です。

長編みの増し目

目を増やすときの記号がこちら。前段の1目に2目の長編みを編むときの記号です。

長編みの減らし目

目を減らすときの記号はこちら。2目の長編みを1目にまとめるときの記号です。

関連記事

かぎ針編み初心者さんが、鎖編みの次にマスターしたいのが、細編み(こま編み)。鎖編みはひも状にしか編めませんが、細編みなら面に編めるので、作れるアイテムの幅がぐっと増えます。ここでは、細編みのやり方ときれいに編むコツ、応用編[…]

細編みの編み方

長編みの編み方(往復編み)

3つの長編みのやり方をご紹介します。

長編み(なが編み)

作り目
まずは鎖編みで作り目を編みます。(鎖編みのやり方はこちら
立ち上がりを3目編みます
立ち上がりを3目編みます。作り目の最後の目(=立ち上がり含めて4目め)を見失いがちなので、左手でしっかり押さえておきましょう。
かぎ針に糸を引っ掛けます
かぎ針に糸を引っ掛けます。
作り目の最後の目の裏山にかぎ針を入れます
作り目の最後の目( =立ち上がり含めて4目め )の裏山に、かぎ針を入れます。
糸を引き出します。
糸を引き出します。
かぎ針に3つのループがかかった状態になります。
かぎ針に3つのループがかかった状態になります。
端の2本のループを引き抜きます。
針に糸をかけ、端の2本のループを引き抜きます。
かぎ針にかかったループが2つになりました。
かぎ針にかかったループが2つになりました。
もう一度針に糸をかけ、2本のループを引き抜きます。
もう一度針に糸をかけ、2本のループを引き抜きます。
長編みが編めました!
長編みが編めました!次の目も同様に編み進めます。
端まで編めました
端まで編めました。
立ち上がりを3目編みます
次の段に行くときも、立ち上がりを3目編んで、同様に編み進めます。
2段目の最後から2番目の目まで編めました。
2段目の最後は、前段の立ち上がりの目を拾います。
立ち上がりの3目めを拾います
立ち上がりの3目めを拾います。少しわかりにくいので、よく目を観察してください。
立ち上がりの3目めにズボッと針を入れて、長編みを編みます
3目めの鎖にズボッと針を入れて、長編みを編みます。
長編みが2段編めました
長編みが2段編めました!同じようにどんどん段を増やしていきましょう。

中長編み(ちゅうなが編み)

立ち上がりを2目編みます。
鎖編みで作り目を編み、立ち上がりを2目編みます。
かぎ針に糸を引っ掛けます
かぎ針に糸を引っ掛けます。
立ち上がり含めて4目めの裏山に針を入れます
作り目の一番最後の目(立ち上がり含めて4目め)の裏山に針を入れます。
糸を引き出します。
糸を引き出します。
かぎ針に3つのループがかかった状態になります。
かぎ針に3つのループがかかった状態になります。
3つのループを一気に引き抜きます。
3つのループを一気に引き抜きます。
中長編みが編めました!
中長編みが編めました!
中長編み
中長編みで1段編むとこんな感じになります。長編みよりも少し高さが低いです。

長々編み(ながなが編み)

立ち上がりを4目編みます
立ち上がりを4目編みます。
かぎ針に糸を2回巻きつけます。
かぎ針に糸を2回巻きつけます。
作り目の最後の目( =立ち上がり含めて5目め )の裏山に、かぎ針を入れます。
作り目の最後の目( =立ち上がり含めて5目め )の裏山に、かぎ針を入れます。
糸を引き抜きます。
糸を引き抜きます。
かぎ針に4つのループがかかった状態になります。
かぎ針に4つのループがかかった状態になります。
針に糸をかけ、端の2本のループを引き抜きます。
針に糸をかけ、端の2本のループを引き抜きます。
かぎ針にかかったループが3つになりました。
かぎ針にかかったループが3つになりました。
もう一度針に糸をかけ、端の2本のループを引き抜きます。
もう一度針に糸をかけ、端の2本のループを引き抜きます。
かぎ針にかかったループが2つになりました。
かぎ針にかかったループが2つになりました。
最後にもう一度針に糸をかけ、2本のループを引き抜きます。
さらにもう一度針に糸をかけ、2本のループを引き抜きます。
長々編みが編めました!
長々編みが編めました!
長々編み
長々編みで1段編んだところです。3つの長編みの中では、もっとも高さのでる編み方になります。

長編みの増し目・減らし目

長編みで目を増やすやり方と、減らすやり方を解説します。

目の増やし方(1目に2目編み入れる)

長編みの増やし目
目を増やすのはカンタンです。同じ目に2回長編みを編み入れればOK!
長編みの増やし目
1つの目に、2目長編みが入っているのがわかりますね。

目の減らし方(2目を一度に編む)

長編みの減らし目
矢印の2つの目を一度に編んで、目を減らします。
長編みを途中まで編みます。
まず長編みを、最後の引き抜きの前まで編みます。
かぎ針に2つのループがかかった状態で、ストップします。
完全に1目編まず、かぎ針に2つのループがかかった状態で、いったんストップ!(この状態を、未完成の目と言います)
かぎ針に2つのループがかかった状態で、次の目を編む
かぎ針に2つのループがかかった状態で、次の目(矢印のところ)に長編みを編みます。
かぎ針に2つのループがかかった状態で、次の目を編む
次の目(矢印のところ)に針を入れて、糸を引き抜きます。

かぎ針に4つのループがかかった状態になります
かぎ針に4つのループがかかった状態になります。
端の2本のループを引き抜きます。
端の2本のループを引き抜きます。
かぎ針にかかったループが3つになります。
かぎ針にかかったループが3つになります。
3つのループをすべて引き抜きます。
3つのループをすべて引き抜きます。
2目を1目にまとめることができました。
2目を1目にまとめることができました!

長編みの目と段の数え方

長編みは、立ち上がりの目も「1目」として数えます。(下図、赤色の部分)

細編みの場合は立ち上がりを数えないので、混乱しないように注意しましょう。

長編みの数え方

長編みの数え方

長編みで円を編むときのやり方

長編みで円を編むときのやり方は、こちらで解説しています。

写真と動画で詳しく紹介していますので、ぜひご覧くださいね。

関連記事

かぎ針初心者さんが迷いがちな、「わ」の作り目。引き抜き編みの目がわからなくなったり、なぜか目が増えてしまったり…。本や解説サイトをみているのにできない!という方もいるかもしれません。ここでは、ひとつひとつ丁寧に、輪の編み方[…]

かぎ針編み輪の作り目の編み方

長編みがうまくできない?きれいに編むコツ

長編みを編むときは、はじめに糸を引き出すときに、しっかりと高さを出すことがポイントです。

長編みのポイント(失敗例)

こちらは、失敗例。十分に糸を引き出しておらず、かぎ針にかかったループが短くなっています。

このまま編み進めると、目がぎゅっと詰まってしまい、長編み本来の高さが出せません。

編み物本の通りに編んでいるのに、長さが足りない!という場合は、ここが原因の可能性があります。

長編みのポイント

目安として、鎖2目分の高さを引き出すようにします。

編み目が緩くなりそうな感じがしますが、大丈夫!長編みは鎖3目分の高さが必要なので、ここで思い切ってグッと糸を長めに引き出してみてください。

【裏技】長編みで立ち上がりの「穴」が気になる問題!

長編みを編んでいると、立ち上がりの鎖目と、2目めの長編みの間に穴がぽっかり空いてしまいがちです。

立ち上がりの穴

ここに隙間が空いてしまうのが嫌!どうしても気になる!という人も多く、youtubeなどでいろいろな裏技が解説されています。

その中でも、簡単で見た目もきれいなやり方をご紹介します。

本来の長編み
本来なら、立ち上がりに鎖目を3目編みますが、これが穴の原因。鎖編みと長編みでは太さが異なるので、隙間が空いてしまいます。
かぎ針に糸を引っ掛けます。
まず、立ち上がりを編まずに編み地を返し、かぎ針に糸を引っ掛けます。
根本に針を入れます
引っかけた糸を中指で押さえながら、根本に針を入れます。
根元に入れたら、糸を引きだします。
根元に入れたら、糸を引きだします。かぎ針には3つのループがかかった状態になります。
かぎ針にかかったループの、端2本を引き抜きます。
かぎ針にかかったループの、端2本を引き抜きます。
ループが2つになりました
ループが2つになりました
2つのループを引き抜きます
2つのループを引き抜きます。
1目編めました!
1目めが編めました!鎖編みに比べて太さがあるので、隙間が空きません。

要するに「立ち上がり」を編まずに、1目から長編みを編んでしまう!という方法です。

目がしっかりと詰まるので、長編みの隙間問題を解決できますよ。

関連キーワード

>無料型紙と布・生地の通販サイト「nunocoto fabric」

無料型紙と布・生地の通販サイト「nunocoto fabric」

1,000種以上の色柄をそろえる、オリジナルデザイナーズファブリックの通販サイトです。50cm1,100円~。すべて商用利用可能です。布販売だけでなく、大人服や布小物などの無料型紙も配布しています。

CTR IMG