【手縫い】ボタンホールステッチのやり方&応用アレンジ

ボタンホールステッチのやり方

刺繍の刺し方のひとつ「ボタンホールステッチ」をご紹介!

その名の通り、手縫いでボタンホールを作るときのステッチですが、ほかの活用方法もあるんです。

基本的な刺し方から、アレンジ方法までくわしく解説していきます。

ボタンホールステッチとは?

ボタンホールステッチとは、その名の通りボタンの穴を作るときに使われる刺し方です。

ボタンホールというと、ミシンでしか作れないのでは?と思いますが、手縫いでもしっかりとしたボタンホールを作ることができるんですよ。

ボタンの穴以外にも、飾りやワッペンの縁取りに使ったり、覚えておくと何かと使いやすいステッチです。

実は簡単!ボタンホールステッチのやり方

1.ボタンのサイズに合わせて下書きする

ボタンのサイズを測る
ボタンのサイズを測ります。
今回は直径2.5cmのボタンに合わせた、ボタンホールを作っていきます。
ボタンの厚さを測る
厚さも測ります。今回は0.5cmでした。
ボタンホールのサイズ
ボタンホールの長さは、【直径+厚さ】になります。
幅は左右0.5cmずつにしましたが、ここはお好みの幅でOKです。
ボタンホールステッチの準備
これでボタンホールの下書きは完了です!

2.ランニングステッチ(なみ縫い)で縁取りする

ボタンホールに接着芯を張る
ほつれ止めのため、裏面に接着芯を貼ります。
接着芯を貼れない場合は、ほつれ止めを塗っておくことをおすすめします。
なみ縫い
ランニングステッチ(なみ縫い)で周囲を縁取りします。
縫いはじめ
縫いはじめは玉結びはしません。(ゴロゴロするので)
1針返し縫いをして、糸を止めましょう。
なみ縫い
こんな感じで一周縫います。
縫い目がガイドラインになり、ボタンホールステッチがしやすくなります。
上下に糸を渡す
さらに上下の辺に、糸を渡します。
ここの糸が芯になり、やや立体的なボタンホールに仕上がります。
とはいえ必須ではないので、飛ばしてもOKです。
ボタンホールに切り込みを入れる
真ん中の切り込みを入れます。
マチ針をストッパーにすると、切りすぎを防げます。
ボタンホール
これで準備が整いました!

3.ボタンホールステッチをする(刺し始め~刺し終わり)

ボタンホールステッチのやり方
玉結びはしないで刺し始め、角に針を出します。
ボタンホールステッチのやり方
真ん中の切れ目に針を入れ、外側の線に出します。
ボタンホールステッチのやり方
糸を引き切る前に、ループの中に、下から上へ針をひっかけます。
ボタンホールステッチのやり方
同じように、真ん中の切れ目に針を入れて、外側の線に出します。
針は、1針目のすぐ隣に出しましょう。
ボタンホールステッチのやり方
ループに針を通してから、糸を引きます。
これを繰り返します。
ボタンホールステッチのやり方
端までステッチができたら、真ん中の切れ目から針を入れ、外側に出します。
ボタンホールステッチのやり方
反対側に針を入れて縫います。
ボタンホールステッチのやり方
同じ個所を2回ほど重ねて縫いましょう。
同じ個所を2回ほど重ねて縫いましょう。
真ん中の切れ目に、裏から針を出します。
ボタンホールステッチのやり方
先ほど縫った糸をくるむように、縫います。
ボタンホールステッチのやり方
同じ個所を2針ほど重ねて縫います。
ボタンホールステッチのやり方
反対側の、外側の線に針を出します。
ボタンホールステッチのやり方
先ほどと同じようにステッチをします。
ボタンホールステッチのやり方
端も同じように処理します。
ボタンホールステッチのやり方
最後の終わり方(刺し終わり)は、裏面の縫い目に糸をくぐらせて、糸始末をします。
糸同士が絡まって止まるので、玉止めは不要です。
ボタンホールステッチのやり方
ボタンホールの完成です!
ボタンホール
布がほつれることなく、しっかりとボタンの穴が作れていますね!
ボタンホール
サイズもぴったり!
ボタンホール
手縫いでも、強度に問題ありません。
関連記事

お裁縫初心者さん向けに、ボタンのつけ方を解説します。意外と迷いがちな縫いはじめ、最後の糸始末、縫いやすくなるコツなど、写真付きで超くわしくご紹介!記事後半では、かわいいボタンのつけ方アレンジも少し取り上げます。【基[…]

ボタンのつけ方

糸の継ぎ方(つなぎ方)

ボタンホールステッチは糸をたくさん使うので、途中で糸を替えることも多いと思います。

糸のつなぎ方を解説します。

ボタンホールステッチの糸の替え方
糸が短くなったら、裏面の縫い目に針を数回くぐらせて、糸を切ります。
糸同士が絡まって止まるので、玉止めは不要です。
ボタンホールステッチの糸の替え方
新しい糸に替えたら、玉結びはせずに、裏面の縫い目に数回絡ませます。
ボタンホールステッチの糸の替え方
外側に針を出します。
ボタンホールステッチの糸の替え方
あとは同じように、ボタンホールステッチをします。

隙間がでないようにボタンホールステッチをするので、糸の繋ぎ目はパッと見ではわかりません。

ボタンホールの作り方動画

ボタンホールステッチのやり方を動画でもチェック!

ボタンホールステッチの応用アレンジ

ボタンホールステッチはボタンの穴を作るだけじゃなく、いろいろなアレンジが可能です。

お花のステッチ

ボタンホールステッチでお花を刺す
円(+中心の点)を下書きして、裏から針を出します。
ボタンホールステッチでお花を刺す
刺し始めは玉結びはしないでOKです。
1針すくって縫うと糸が止まります。
ボタンホールステッチでお花を刺す
中心に針を入れ、円周上に出します。
ボタンホールステッチでお花を刺す
糸を引き切る前に、針に糸をひっかけます。
ボタンホールステッチでお花を刺す
同じことを繰り返します。
ボタンホールステッチでお花を刺す
最後までステッチをすると、こんな感じになります。
ボタンホールステッチでお花を刺す
最後は布を縫わずに、1針目のステッチに糸をくぐらせてつなげます。
ボタンホールステッチでお花を刺す
縫い終わりも玉止めをせずに、裏面の縫い目に数回針をくぐらせます。
ボタンホールステッチでお花を刺す
ボタンホールステッチでお花ができました!

アップリケの縁取り

ボタンホールステッチでワッペンの縁取りをする
ワッペンにしたい部分の裏面に接着芯を貼ります。
ボタンホールステッチでワッペンの縁取りをする
ワッペンの出来上がりサイズに切り取ります。
ボタンホールステッチでワッペンの縁取りをする
ひと回り内側に、ガイドライン(点)を引いておきます。
ガイドがあることで、ステッチがやりやすくなります。
ボタンホールステッチでワッペンの縁取りをする
縫いはじめは玉結びはせずに、裏から針を出します。
ボタンホールステッチでワッペンの縁取りをする
1針目のすぐ隣に針を出します。
ボタンホールステッチでワッペンの縁取りをする
針に糸をひっかけます。
ボタンホールステッチでワッペンの縁取りをする
隙間なくステッチをします。
ボタンホールステッチでワッペンの縁取りをする
最後は布を縫わずに、1針目の縫い目にくぐらせてつなげます。
ボタンホールステッチでワッペンの縁取りをする
縫い終わりは、裏面の縫い目に針をくぐらせて糸を止めます。
ボタンホールステッチでワッペンの縁取りをする
ボタンホールステッチで縁取りした、手づくりワッペンの完成です!

ボタンホールステッチとブランケットステッチの違い

ブランケットステッチ

ボタンホールステッチのやり方を見て「あれ、これってブランケットステッチじゃない?」って思った方もいるのでは?

ボタンホールステッチには今回ご紹介した以外にもやり方がありますが、基本的な刺し方としては、どちらも同じと考えて大丈夫です。

ブランケットステッチを、もっと間隔を詰めて行えばボタンホールステッチになります。

関連記事

布の際を巻き込むように縫う「かがり縫い」、ブランケットの布端に使われる「ブランケットステッチ」のやり方を詳しく解説!悩みがちな、糸の変え方や角の縫い方、きれいに縫うコツも写真付きで紹介していきます。かがり縫いとは?どんな時[…]

かがり縫いとブランケットステッチのやり方(縫い方)

関連キーワード

>無料型紙と布・生地の通販サイト「nunocoto fabric」

無料型紙と布・生地の通販サイト「nunocoto fabric」

2,000種以上の色柄をそろえる、オリジナルデザイナーズファブリックの通販サイトです。50cm880円~。すべて商用利用可能です。布販売だけでなく、手作りキットや、大人服・布小物の無料型紙も配布しています。

CTR IMG