まつり縫いのやり方と種類

【手縫い】まつり縫いのやり方と、最後の糸始末の方法

手縫いで行う、まつり縫いの方法を写真付きで詳しく解説します。

まつり縫いの縫い方は1種だけではなく、たくさんの方法がありますので、すべて覚えておくと何かと便利ですよ。

まつり縫いとは、どんな縫い方?

まつり縫いとは、表から縫い目が見えないように縫い合わせる方法を言います。

手縫いでワッペンやゼッケンを縫いつけるとき、ズボンの裾上げをするときなどに使います。

ミシンでもまつり縫いができる?

通常は手縫いで行うまつり縫いですが、ミシンでも可能です。ミシンの場合は、まつり縫い専用の押さえが必要です。

まつり縫いには、いくつかの種類がある

まつり縫いには複数のやり方があり、用途に合わせて使い分けます。

次の段落から、まつり縫いの種類別に縫い方をご紹介していきます。

  • 基本のまつり縫い(斜めまつり)
  • たてまつり:ワッペンやゼッケンをつけるときに
  • コの字まつり:縫い合わせた布の、返し口を閉じるときに
  • おくまつり:ズボンやスカートの裾上げに
  • 千鳥がけ:ズボンやスカートの裾上げ、布端のほつれ止めに

まつり縫いのやり方①基本の縫い方(斜めまつり)

最も一般的なまつり縫いのやり方です。この縫い方だけでも覚えておくと、手縫いで作れるものの幅が広がりますよ。

まつり縫いのやり方
玉結びが表に出ないように、縫いしろの裏から針を出す
まつり縫いのやり方
表布を少しだけすくう(布の織り糸を1・2本程度)
まつり縫いのやり方
縫いしろの裏から針を入れる
まつり縫いのやり方
1目縫えたところ
まつり縫いのやり方
表布を少しすくう→縫いしろの裏から針を出す、を繰り返す
まつり縫いを表からみたところ
まつり縫いを表からみたところ
まつり縫いを裏からみたところ
まつり縫いを裏からみたところ

今回はわかりやすいように、白い布に青い糸でまつり縫いをしました。まつり縫いは縫い目が目立たないように行いたいので、布地と同じ色の糸を一本どりで行ってくださいね。

まつり縫いの、縫い目の幅(間隔)は?

まつり縫いの縫い目は、作るアイテムによって調整しましょう。例えば小さなコースターなどであれば、1cm未満の狭い幅で、ズボンの裾上げなどであれば、1.5~2cmほどの大き目幅でも大丈夫です。

まつり縫いのやり方②たてまつり

たてまつりは、ワッペンやゼッケン、名札などをアップリケするときにオススメです。表面に縦方向の縫い目が見えるのが特徴。

あえてカラフルな糸を使って、アクセントにするのもかわいいですね。

たてまつりのやり方
玉結びをして、ワッペンの裏から針を出す
たてまつりのやり方
糸がワッペンと垂直になるように、まっすぐに刺す
たてまつりのやり方
1目縫えたところ
たてまつりのやり方
繰り返す。縫い目が均等になるようにワッペンに針を刺すのがコツ!
たてまつりのやり方
慣れてきたら1針ずつ縫わず、布地とワッペンを一度にすくうと、早くたてまつりができる
たてまつりを表からみたところ
たてまつりを裏からみたところ(縫い目はまっすぐ垂直になっている)
たてまつりを裏からみたところ
たてまつりを裏からみたところ(縫い目は斜めになっている)

まつり縫いのやり方③コの字まつり

コの字まつりは、返し口を閉じるのによく使われるやりかたです(2枚の布を中表に縫い合わせる時など)。

お裁縫初心者さんでも簡単にできますが、ワッペンを縫い付けたり、裾上げしたりするのには向いていません。

コの字まつりのやり方
返し口を想定して、この空き部分をまつっていく
コの字まつりのやり方
最初の縫いはじめは、返し口の少し手前の縫い目から針を入れて、玉結びを布の中に隠す
コの字まつりのやり方
布の折り山に針を出す

コの字まつりのやり方
もう片方の折り山に針を入れ、布をすくう
コの字まつりのやり方
繰り返す
コの字まつりのやり方
両側の折り山に糸が垂直に渡るように、コの字に縫っていく

コの字まつりのやり方
コの字まつりを表から見たところ

まつり縫いのやり方④おくまつり

おくまつりは、布端から1cmほど内側で縫い合わせるやり方です。

縫い目が外側に出ないので、ひっかかりにくく、糸が摩擦によって擦り切れるようなこともありません。ズボンやスカートの裾上げに使われます。

おくまつりのやり方
玉結びをして、縫いしろの裏側(布端から1cm程度のところ)を少しだけすくう
おくまつりのやり方
表布を少しだけすくう(布の織り糸を1・2本程度)
おくまつりのやり方
縫いしろの裏側(布端から1cm程度のところ)を少しだけすくう
おくまつりのやり方
1目縫えたところ
おくまつりのやり方
繰り返す
おくまつりを表からみたところ
おくまつりを裏からみたところ

まつり縫いのやり方⑤千鳥がけ

千鳥掛けは、糸をジグザグに交差させた縫い方です。少し手間が必要ですが、強度が高く頑丈なのが特徴。

また布端のほつれ止めとしても活用できます。

他のまつり縫いに比べると少し伸縮性があるので、ジャージなど伸び縮みする服にゼッケンをつけるときにもおすすめ。

千鳥がけのやり方
玉結びをして、縫いしろの裏から針を出す
千鳥がけのやり方
表布を少しだけすくう(布の織り糸を1・2本程度)
千鳥がけのやり方
最初に針を出した箇所の1cm右側で、少しだけ布をすくう(この時、表布は縫わないように注意する)
千鳥がけのやり方
1目縫えたところ
千鳥がけのやり方
繰り返す
千鳥がけのやり方
①~⑤の順番で布をすくい、糸をかけていく
千鳥がけを表からみたところ
千鳥がけを表からみたところ
千鳥がけを裏からみたところ
千鳥がけを裏からみたところ
通常のまつり縫いは、右から左へ縫い進めますが、千鳥がけは左から右方向に縫っていきます。

まつり縫いの最後はどうする?玉留めが見えない糸始末の方法

まつり縫いの最後は、玉止めが見えないように隠して糸始末をします。

最後の糸始末の方法(まつり縫い、おくまつり、千鳥がけ)

まつり縫いの最後の糸始末
縫い終わりは、表布を少しすくったところで止める
まつり縫いの最後の糸始末
玉止めをする
まつり縫いの最後の糸始末
表布と縫いしろの間に針を入れる
まつり縫いの最後の糸始末
適当なところに針を出し、引き抜く
まつり縫いの最後の糸始末
玉止めが縫いしろの中に隠れた!

通常のまつり縫いのやり方で、最後の糸始末の方法をご紹介しましたが、「おくまつり」「千鳥がけ」でも同じです。

最後の糸始末の方法(コの字まつり)

コの字まつりの最後(玉止めを隠す)
縫い終わりで玉止めをする
コの字まつりの最後(玉止めを隠す)
玉止めと同じところに針を入れて、適当なところに出す(このとき玉止めを針で貫通しないように)
コの字まつりの最後(玉止めを隠す)
糸を少し強めに引いて、玉止めを縫い目の中に引き込む
コの字まつりの最後(玉止めを隠す)
玉止めが隠れた!

最後の糸始末の方法(たてまつり)

たてまつりの最後の糸始末
縫い終わりは、ワッペンと布地の間に針を出す
たてまつりの最後の糸始末
玉止めをする
たてまつりの最後の糸始末
縫い目の間から針を刺し、ワッペンの中に玉止めを引き込む
たてまつりの最後の糸始末
玉止めがワッペンの中に隠れた!
関連記事

手縫いで何かを作るときに必ず必要な「玉結び」「玉止め(玉留め)」。結び目を作るだけですが、意外と上手にできなくて、見た目が汚くなってしまうこともあります。この記事では、玉結び&玉止めの基本的なやり方だけじゃなく、きれいな結[…]

玉止め玉結びのやり方

「まつり縫い」と「かがり縫い」の違い

まつり縫いと混同しやすいのが、「かがり縫い」です。

まつり縫いとかがり縫いの違いは、表からみて縫い目が目立つかどうか、という点。

まつり縫いを表からみたところ
まつり縫い

まつり縫いは表からみると、縫い目がほとんど見えません。

かがり縫い
かがり縫い

一方かがり縫いは、布端を巻き込むようにして縫う方法で、表にも裏にも縫い目がしっかり表れています。むしろ縫い目(ステッチ)をデザインとして楽しむ縫い方でもありますね。

まとめ

5種類のまつり縫いの方法をご紹介しました。それぞれ特徴があるので、用途に合わせて選んでくださいね。

◆まつり縫い(斜めまつり)
最も基本的なまつり縫いの方法。とりあえずこれだけ覚えておけばOK!

◆たてまつり
縫い目が縦にまっすぐ(垂直)になっている。ワッペンやゼッケンの縫い付けにおすすめ。

◆コの字まつり
カタカナの「コの字」に糸を渡して縫い合わせる方法。初心者でも簡単。返し口を閉じるときに。

◆奥まつり
縫いしろの1cm内側と表布を縫い合わせる方法。外側に縫い目が出ないので、糸が擦り切れない。ズボンやスラックスの裾上げにおすすめ。

◆千鳥がけ
ジグザグな縫い目が特徴。他のまつり縫いに比べると少し手間がかかるが、丈夫。裾上げや布端のほつれ止めにおすすめ。

>無料型紙と布・生地の通販サイト「nunocoto fabric」

無料型紙と布・生地の通販サイト「nunocoto fabric」

1,000種以上の色柄をそろえる、オリジナルデザイナーズファブリックの通販サイトです。50cm1,100円~。すべて商用利用可能です。布販売だけでなく、大人服や布小物などの無料型紙も配布しています。

CTR IMG