【かぎ針編み】筒状に編む方法(細編み&長編み)斜行を防ぐ編み方も

かぎ針編みで筒状に編む方法

かぎ針編みで筒状(円柱)に編む方法を写真付きで解説!

鎖編みで輪っかを作り、立体的に編んでいくだけなので実はとても簡単なんです。

ただ筒状に編んでいくと、編み地が斜めに歪んでしまうことが良くあります。記事後半では、編み地の斜行を防ぐ方法も解説しているので、ぜひ最後までご覧くださいね。

かぎ針編みで筒状に編む方法(円柱型)

かぎ針で筒状に編む方法

かぎ針編みで筒状(底のない円柱形)に編む方法を、編み方別に2種類ご紹介します。

細編みバージョン

鎖編み
鎖編みで作り目を編みます。今回は24目編みました。
わっかにする
輪っかにします。
ねじれないようにする
このとき、輪が途中でねじれないように注意しましょう。
1目めに引き抜き編み
鎖編みの1目めに引き抜き編みをして、輪を繋げます。
1目めに引き抜き編み
鎖の中心にズボッと針を入れて、半目と裏山を拾い、引き抜き編みをします。
※裏山だけ、半目だけでも構いません。
輪になった
鎖編みで輪を作ることができました。
立ち上がりの目
立ち上がり(鎖1目)を編みます。
引き抜き編みをした目
引き抜き編みをした目(鎖編みの1目め)に針を入れて、細編みを編みます。
目数マーカーを付ける
細編みを1目編めたら、目数マーカーを付けておきます。
引き続き一周、細編みを編みましょう。
一周編めたところ
一周編めたところです。作り目から目数が増減していないか確認してくださいね。
引き抜き編み
マーカーを付けた1目めに引き抜き編みをして、輪を繋げます。
立ち上がり
立ち上がりを編んで、次の段に行きます。
これを繰り返すと筒状の編み地を編むことができます。
関連記事

かぎ針編み初心者さんが、鎖編みの次にマスターしたいのが、細編み(こま編み)。鎖編みはひも状にしか編めませんが、細編みなら面に編めるので、作れるアイテムの幅がぐっと増えます。ここでは、細編みのやり方ときれいに編むコツ、応用編[…]

細編みの編み方

長編みバージョン

鎖編み
鎖編みで作り目を編みます。今回は24目編みました。
わっかにする
途中でねじれないように注意して、輪っかにします。
1目めに引き抜き編み
鎖編みの1目めに引き抜き編みをして、輪を繋げます。
長編みの立ち上がり
立ち上がりを編みます(鎖3目)。
長編み
かぎ針に糸を引っかけて、隣の目に長編みを編みます。
長編みは立ち上がりの目を、1目めとして数えます。
マーカーをつける
目を見失いやすいので、立ち上がりの3目めにマーカーを付けておくのがオススメです。
長編みで筒を編む
最後の目まで編んだ様子です。
長編みの立ち上がりの目
先ほどマーカーを付けた、立ち上がりの3目めに引き抜き編みをして、輪を繋げます。
長編みで筒を編む
輪がつながりました。
これを繰り返して、筒状に編んでいきます。
関連記事

かぎ針編みの基本的な編み方のひとつ「長編み」のやり方をご紹介!長編みは、細編みのおよそ3倍の高さが1段で編める、便利な編み方です。編み物の幅がグッと広がりますよ。長編み、中長編み、長々編みの3つを、写真と動画で丁寧に解説し[…]

長編みのやりかた

筒状に編むと、編み目が斜めになる(斜行する)のを防ぐ方法

筒状に編むと編み目が斜めになる

かぎ針で筒状の編み地を作ると、この写真のように斜め右上方向に歪んでしまうことがあります。

このままでも特に問題はありませんが、見た目が気になる場合、編み方を少し工夫するだけでまっすぐに編むことができます。

かぎ針にかかった糸を少し引き出す
まず、かぎ針にかかっている糸を、ほんの少しだけ引っ張って緩ませます。
引っ張りすぎると目が緩むので注意しましょう。
細編みのゆがみを直す
細編みをするときに、左上方向に引っ張るようにして編みます。
細編み
意識せずに細編みをすると、この写真のように右方向に糸が引っ張られている可能性がありますが…
編む方向
編み地が右上方向に斜めになってしまうのを防ぎたいので、意識的に左上方向に糸を引っ張りながら、細編みをしていきます。
筒状に編むと編み地が斜行する
最後の目で引き抜き編みをするときも要注意!
引き抜き編み
ここでも左上方向に糸を引っ張りつつ、引き抜き編みをします。
筒状に編むと編み地が斜行する

「Before」が意識せずにいつも通りに編んだ筒状の編み地です。右方向に斜行していますね。

「After」は、意識的に左方向に糸を引っ張りながら細編みをした編み地です。まっすぐに整っていますよね。

少し意識をして編み方を変えるだけで、これだけ編み地に違いが出ます。難しいことではないので、ぜひやってみて下さいね。

初心者あるある!失敗せずに筒状に編む方法

かぎ針でよくある失敗が、いつの間にか目数が増えたり減ったりしてしまうというもの。

今回のように筒状に編むときや、「わ」の作り目で円を編むときにも、目数が合わなくなってしまう失敗が起こりがちです。

失敗しやすい箇所は、一周編んだ最後の引き抜き編みの目と、次の段の1目め。

引き抜き編みの目も、次の段の1目めも、同じ目に編み入れるのですが、ここが非常に間違いやすいです。

引き抜き編みの目はどこ?

編み間違いを防ぐために、毎段の1目めには、必ず目数マーカーを付けておくことをオススメします。

マーカーを付けた目に引き抜き編みをして、さらに次の段の1目めも編めばいいのです。

マーカーを付け替えるのは少し面倒ですが、目の数が合わなくなるよりはマシですよね。ぜひマーカーを活用してみて下さい。

関連記事

かぎ針初心者さんが迷いがちな、「わ」の作り目。引き抜き編みの目がわからなくなったり、なぜか目が増えてしまったり…。本や解説サイトをみているのにできない!という方もいるかもしれません。ここでは、ひとつひとつ丁寧に、輪の編み方[…]

かぎ針編み輪の作り目の編み方
関連記事

かぎ針編みでアイテムを作るなら、必ずと言っていいほど出てくる「引き抜き編み」。細編みになれていると、「あれ、引き抜き編みってなんだっけ…?」なんて、ちょっと迷うことも多いかもしれませんね。このコラムでは引き抜き編みのやり方[…]

引き抜き編みのやり方

関連キーワード

>無料型紙と布・生地の通販サイト「nunocoto fabric」

無料型紙と布・生地の通販サイト「nunocoto fabric」

2,000種以上の色柄をそろえる、オリジナルデザイナーズファブリックの通販サイトです。50cm880円~。すべて商用利用可能です。布販売だけでなく、手作りキットや、大人服・布小物の無料型紙も配布しています。

CTR IMG